2007年06月18日

ポール・ボウルズ『シェルタリング・スカイ』

ベルナルド・ベルトルッチ『シェルタリング・スカイ』(1990)

「ねえ、君」ポートが言った。その声は非現実的にひびいた。まるで静かな場所で、ながい沈黙のののちに押しだされる声は、ときとして、そうした調子を帯びる。「このへんの空は、じつにふしぎだね。ぼくはよく空を見ていると、それが何か堅固なものでできていて、その背後にあるものからぼくらを庇護してくれているような感じがする」
キットは、ほんのわずかな身ぶるいしながら言った。「背後にあるものから?」
「そう」
「でも、何が背後にあるの?」ささやくような声だった。
「何もない、と思う。暗黒があるばかりだ。まったくの夜だ」
ポール・ボウルズの『シェルタリング・スカイ』を読み直している。
10年以上前に一度読んだけれども、あまりに晦渋な訳文に辟易した記憶がある。いま読んでも古めかしい訳だ。大久保康雄による初訳(新鋭海外文学叢書)が1955年で、ほとんど改訳されていないから仕方ないだろうが。

にもかかわらず、ずいぶん集中して読んでいる。おそろしく陰鬱な小説なのに目をそらすことができない。

ポール・ボウルズ『シェルタリング・スカイ』シェルタリング・スカイ
ポール・ボウルズ Paul Bowles
大久保康雄(訳)

文庫: 447ページ
新潮社(新潮文庫)
1991-01
978-4102338018
by G-Tools

posted by Dr.DubWise at 23:06| Comment(39) | TrackBack(0) | words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。