2007年03月11日

謎のカティリーナ。

Cicero Denounces Catiline by Cesare Maccari
"Cicero Denounces Catiline" by Cesare Maccari

Quo usque tandem abutere, Catilina, patientia nostra? quam diu etiam furor iste tuus nos eludet? quem ad finem sese effrenata iactabit audacia? Nihilne te nocturnum praesidium Palati, nihil urbis vigiliae, nihil timor populi, nihil concursus bonorum omnium, nihil hic munitissimus habendi senatus locus, nihil horum ora voltusque moverunt? Patere tua consilia non sentis, constrictam iam horum omnium scientia teneri coniurationem tuam non vides?

いったいどこまで、カティリーナよ、われわれの忍耐につけ込むつもりだ。 その狂気じみたおまえの行動がいつまでわれわれを翻弄できようか。どこまでおまえは、放埓で不敵な態度を見せびらかすつもりだ。おまえはいささかもうろたえなかったのか。パラーディウム丘を守る夜の警備隊にも、都を回る偵察隊にも、民衆の恐怖にも。おまえには何の動揺も与えなかったのか。あらゆる良識ある人々が集まってきて、厳重に警護されたこのような場所で元老院が召集されたことが。そして、ここにいる人々の顔つきと眼差しが。おまえの計画は暴かれている。それに気づかないのか。おまえの陰謀はすでに、ここにいるすべての人々に知れ渡り、食いとめられている。それが、お前にはわからないのか。
ぼくはこのルキウス・セルギウス・カティリーナという人物に、ずいぶん以前から惹かれてきた。カティリーナはまったく一方的に貶められているように思えたからだ。イプセンはこう書いている。

カティリーナの性格と行動に対する私の意見は、古代ローマの作家たちとは異なっていた。キケロは絶えず多数派の意見を代弁し、カティリーナとの対決は攻撃しても危険ではないという状況になるまで回避したが、キケロにそうさせた男には、何か普通の人が及ばない偉大なものが備わっていたに違いないと、今でも思う。また、カティリーナほど死後の評判が自分の政敵によって左右された歴史上の人物はほとんどいないことも忘れてはいけない。
同時代の資料としては、このキケローによる「カティリーナ弾劾」の演説とサッルスティウスの『カティリーナ戦記』(同時代といっても、すでに書かれたのはカティリーナ事件の20年後のことである)くらいだ。キケローの弾劾演説をもとに、カティリーナは共和制の転覆を企てたというだけではなく、本質的な無政府主義者であらゆる悪徳を兼ね備えた粗野な人物として伝えられているんだけれども、ぼくにはどうもそんな風には思えない。キケローの演説の中にも、カティリーナをずいぶん歪曲したかたちで非難しているのが明白な箇所がある。サッルスティウスの『カティリーナ戦記』は邦訳がないので(誰でもいいです。なにがなんでも翻訳してください!)ぼくも実際に読んだわけではないけど、カティリーナについてサッルスティウスはこう記述しているという。

ルキウス=カティリーナは名門の出自で、精神面でも身体面でも大きな力を持っていたが、性根は邪悪で歪んでいた。この男は、若年期から、内戦、殺人、略奪、市民の不和を好んでいて、それらの中で自らの青年期を過ごした。身体は、他人には信じられない程、飢えや寒さや不眠に耐えた。精神は、大胆で狡猾で捕らえ所が無く、いかなることをも偽り隠すことができ、他人の物を欲しがり、自分の物を浪費し、様々な欲望に燃えていた。弁舌には長けていたが、分別はあまりなかった。
ルキウス・コルネリウス・スッラ・フェリクスの独裁官時代、彼の民衆派大量粛清にカティリーナは協力した。スッラは民衆派の政敵ガイウス・マリウスによる軍隊の私兵化(すなわち共和制を崩壊させようとする動き)に対抗したのである。カティリーナがなぜスッラに同調したのか、それが日和見主義的な(あるいは現実主義的な)判断によるものであったのか、それとも政治的な信念であったのかわからない。ともかくも、自分の妻の兄弟や自分の姉妹の夫らも殺害したといわれている。マリウスと同様、カティリーナの政敵であったキケローは、先祖に元老院議員のいない「新人novus homo」であった。ゆえにキケローに反感を抱いたことはありえる。(しかも彼に執政官選挙に破れてもいるのだ。)
結果的にキケローは、カティリーナを排除した功績により元老院から「祖国の父pater patriae」の称号を得ることになる。皮肉なことだ。

この時期のローマ史をじっくり検討してみたいけど、とにかく資料の翻訳を待っているところだったりする。カティリーナという、まったく正体不明の人物だっていることだし。誰か一緒にラテン語の勉強する人いませんか?

Marcus Tullius Cicero, B.C.106 - 43
Marcus Tullius Cicero(B.C.106 - 43)

キケロー(著)『キケロー弁論集』キケロー弁論集
キケロー(著)
小川正広・谷栄一郎・山沢孝至(訳)

文庫: 435ページ 14.8 x 10.6 x 2 cm
岩波書店
2005-08
ISBN-13: 978-4003361160
by G-Tools


H. イプセン(著)『イプセン戯曲全集〈第1巻〉』イプセン戯曲全集〈第1巻〉
H. イプセン(著)
原千代海(訳)

単行本: 533ページ
未来社
1989-06
ISBN-13: 978-4624931018
by G-Tools

 
posted by Dr.DubWise at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35743620

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。