2006年12月12日

ユルユルHOLGA。

HOLGA

HOLGA

HOLGA

HOLGA

HOLGA
(上のHOLGA写真はPlasticEyeから。)

HOLGA、いつでも買えるやと思って早数年。まだ所有していない。
フィルムはブローニーの120、6×6だからプリントもちょっと高い。せっかくだからとラボで焼いてもらったりするとなお高くつく。1本撮って焼くと、たぶん2000円くらいにはなっちゃうはず。

普段ぼくはデジカメを使っているけど、ネットプリントであればL判1枚8円しかかからない。もちろん焼きには不満があるけど、ラボで焼いてもらったとしてもたかが知れている。現像代は不要だし、そもそもフィルム代がかからないし。

でもHOLGAって素敵だ。あの独特な甘いピント。のぞき穴を通してみているような不思議な遠近感。最近HOLGAの入門書が何冊か出ているけれども、読むたびに、明日は買いに行こうと思ってしまう。

で、長嶺輝明の『ハッピーHOLGA』。この本もかなりユルい。
一般人のHOLGAについての質問に、おそらく長嶺自身がコメントをつけているんだけど、素晴らしくテキトーでおもしろい。

Q:光の感じでHOLGA写真を撮ることが多いのですが、何気ない1枚を撮るようになるにはどうすればいいでしょうか?
A:光が気にならない自分の好きな被写体があったら、気軽に撮ってみると良いと思います。
質問も脱臼気味だが、答えもまったくかみ合っていない。

Q:写りの悪いHOLGAでは性能のいいカメラと違って、撮る被写体は変わってくるものでしょうか?
A:HOLGAはクセのあるカメラなので、クセのない構図で撮ると良いでしょう。
クセのない構図?? どんな構図なんデスカ?

Q:正方形サイズの写真だと空間のあけ方が難しいのですが、どうすればいいでしょうか?
A:正方形サイズの写真の場合は、空間があってもバランスよく収まるので、気にしなくても良いですよ。
まったく質問に答える気がないらしい・・・

というわけでユルユルなHOLGAを楽しめるサイトをふたつ紹介しておきます。

PlasticEye

HOLGAちっく!

長嶺輝明ほか『ハッピーカメラ読本2 ハッピーHOLGA』ハッピーカメラ読本2 ハッピーHOLGA
長嶺輝明ほか

単行本: 112ページ サイズ (cm): 21 x 15
マーブルトロン
2006-07-27
ASIN: 4123901301
by G-Tools
posted by Dr.DubWise at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | favorites | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

「訴えたいことが、ないんです。」by 鳥肌実

鳥肌実(? - )
鳥肌実(? - )

え〜、鳥肌実って誰?と初歩的な質問をされましたので、ごく簡単に略歴を。
いちばん詳しいのはwikipediaの項かな。

鳥肌 実(とりはだ みのる)は、日本のお笑い芸人。演説家。ことり事務所所属。
右翼的な言動・ビジュアルを中心に多彩な芸風を持ち、「皇居に向って敬礼」、「欲しがりません勝つまでは」、「ニイタカヤマノボレ」などと書かれた通称「玉砕スーツ」を着用して全国(南樺太から尖閣諸島まで)で活動をしている。 たまに、路上で意味不明なダンスやパフォーマンスをしたり、全裸になり局部を露出する事もある。(以下略)
芸人です、この人は。最近『タナカヒロシのすべて』という映画に主演しております。ときどき端役で映画には出ておりますが、やはり芸人です。決して、反共主義者でも右翼でもございません。
なぜ演説という形式のパフォーマンスをしているのかといえば、本人がこう言っている通りだと思われます。「訴えたいことが、ないんです。メッセージのない演説家でございます。自己紹介は得意でございます。好感度を、上げたいんです。」

どんな芸風かといえば、Youtubeでも相当数アップされているのでそちらを見てください。ぼくのお気に入りの動画はこちらです。お得意の演説ネタではありませんが「鳥肌実的生き様」がよく表れている良動画です。


 
posted by Dr.DubWise at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | favorites | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

わたくしが内閣総理大臣に当選した暁には、巨大な戦艦を作ります。




すいません、Youtubeばかりで。
あまりにバカバカしく、かつエクセレントなので貼っておきます。深い意味も政治的な意味もございません。ただ、昔からギレン総帥が好きだっただけで・・・(ぼくは、ただ『ギレンの野望』をやりたいがためにセガサターンを購入してしまった前科モノです。)

鳥肌実の演説会、一度行ってみたいんです。でもコワイので誰か一緒に行きませんか?

鳥肌実公式HP
 
posted by Dr.DubWise at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | favorites | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

スカーレット・ヨハンソン

Cut 2006年10月号

えと、スカーレット・ヨハンソンです。ぼく、好きです。
凄いですね。とても21歳とは思えない堂々たる女優っぷり。
(ぼくは本来「作家主義」なので、女優や俳優で映画を観ることはごく少ないんだけど、スカーレットは数少ない例外のひとり。)

「Cut」の今月号には、たかだか数枚のポートレートと、少し長めのあまり実のあるとは思えないインタビューが乗っているだけですが、この存在感はやっぱりすごい。10代のときから「魔性の女」的ゴシップも彼女のアウラの証しじゃないかねえ。

ウディ・アレンがスカーレット・ヨハンソンに目をつけたのはすごく納得。「執着の作家」アレンらしい。
ブライン・デ・パルマの『ブラック・ダリア』も楽しみ。

Cut 2006年10月号Cut 2006年10月号

雑誌,月刊版
サイズ (cm): 37 x 26
ロッキング・オン
2006-09-19
ASIN: B000I5YNBE
by G-Tools

 
posted by Dr.DubWise at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | favorites | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

Oranginaのコップ

Oranginaのコップ

コンランで発見したこのコップがこの夏のお気に入りになっています。麦茶を入れて普通に使っているのです。ちなみにOranginaをこのコップで飲んだことがない。Oranginaを入れて飲んだら、青と黄色の配色が綺麗だろうけど。せめてファンタでも入れて飲んでみたい。

たしか単価数百円だったと思う。コンランにしてはリーズナブル。重ねやすいようなデザインで軽い。そのぶん飲み口が欠けやすいかもしれない。

Orangina(仏語)の発音を日本語で表記するのは難しいけれども、強いて書けば「オランジーナ」であって「オレンジーナ」ではない。仏語のorangeは「オランジュ」と発音するし。
 
posted by Dr.DubWise at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | favorites | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

ストロザプレティ

「家で何を食べてるんですか?」なんてときどき訊かれることがある。別に普通なんだけど。ただ、我が家みんなの好物はあります。たとえばこれ。

ストロザプレティ・ボッタルガ(マグロ)入り

キャナルの無印良品に行くたびに買っているのが「ストロザプレティ・ボッタルガ(マグロ)入り」。たいへん美味しい。ちなみに今日の夕食は、ストロザプレティ・ポモドーロ&三越「PAUL」のサンドイッチ&胡麻ドレッシングのサラダでした。

「ストロザプレティ」ってのはショートパスタの一種。ちょっとツイストしてて、見た目もかわいいです。アルデンテを少し過ぎたくらいの茹で加減が個人的には好き。表面がザラっとしていてソースとの絡みが良いのでいつも食べながら感心します。

生地にマグロの魚卵(っていうかカラスミみたいなの)がねりこんであって、シンプルなソースがよく合う。我が家ではトマトソースで食べることが多いです。ちなみに、今日はたまたま赤玉ポートワインがあったので、ソースを作るときに入れてみたら当たりだった。コクがでるのだ。

オイルさえよければペペロンチーノっぽくやっても、フレッシュなバジル多めのオイルソースでもOK。ざくっと刻んだオリーブの実とあわせてもいいかも。

ちなみに福岡ではキャナルの無印以外にはないと思われ。注意です。

無印良品ネットストアでも買えます
posted by Dr.DubWise at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | favorites | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。